設計への拘り

当事務所は、千数百年以上の歴史ある社寺建築の真髄『伝統工法』を次の世代へ伝えます。
建物が完成してからでは見えない部分『木組・仕口』の指導が必要です。
社寺建築においては、至る所に優美な曲線を用います。
屋根の流れ・軒などには、中央より隅の方へいくに従い『そり』というものがつきます。
この技術は、工匠『たくみ』の技量がものを言います。
この工匠の技量を余すことなく建築物に反映させ、更に社寺仏閣の用途に即応した機能性
はもとより、優美性・荘厳性あらゆる面において信仰の対象としての気品を持つ建築物を
創造いたします。

当事務所の設計監理の実績を見学会でご覧いただけます。
見学会を通じて、社堂を見守ってこられた先祖様の想いを多くの方々の胸に刻んでいただ
ければと思います。

所長写真

所長 井上 巧

新築・増築・改築・修理、あらゆる建築工事に対応致します。
ご一報下されば即参上致します。
079-224-6484
お問い合わせ